TOBI−TECH(トビテク)とは? TOPページへ 飛島建設ホームページへのリンク
 
フリーキーワードでサイト内検索ができます。
地盤系技術防災系技術構造系技術環境系技術材料系技術

地盤系技術
  • トンネル計測管理システム(MAST)
    地山や支保部材の変位挙動・応力分布についてのきめ細かな解析を行うことを可能にし、同時に、調査・設計・施工・計測の各工程で発生するデータをデータベースに一元管理することによって、信頼性をより一層高めてゆくシステムです。

  • トンネル施工情報管理システム
    計画・設計・施工実績情報を一元管理し、検索・分析の省力化を実現するシステムです。本システムは画像処理・計測機能も有しており切羽撮影画像から位置・長さ等の計測を可能としています。

  • 精密写真測量システム(TPhotoS)
    精密写真測量は、対象物から離れた位置で複数点を同時計測できるので、斜面挙動やトンネル変位計測に効果的な計測手法です。

  • リアルタイム3次元画像計測システム
    本システムは,複数台のカメラで取得した画像データをパソコンに送信し、その画像を解析することにより計測点の3 次元変位を計測するもので、この一連の流れを自動化することで,リアルタイム計測を実現しました。
         
  • 岩盤面描画支援システム
    本システムは,従来,測量などの準備作業や得られたスケッチ図の加工など多大な労力を要してきた岩盤スケッチ作業を,画像処理技術を適用することで省力化するシステムです。スケッチ作業やその準備作業、スケッチ図の用途に応じた加工をする際の労力を大幅に軽減できます。
         
  • 土留め情報化施工システム(TOMAS−α)
    現場計測で得られたデータに基づいて、計画・調査・設計段階での不確実性を補いながら、次段階以降の掘削による土留め架構の挙動をリアルタイムに予測していくことにより、安全かつ合理的な施工を行うための設計・施工管理システムです。

  • マスコンクリート温度応力管理システム(MACS−α)
    高品質なマスコンクリートを構築するために、幅広い領域に渡る専門的なノウハウを凝縮した総合的な設計・施工管理システムです。

  • 低温温度応力管理システム(Freeze−α)
    地盤の潜熱を考慮した低温熱伝導解析および凍結による膨張圧を考慮した応力解析を行うことができます。

  • 地下水変動解析システム
    設計の効率化を図るとともに、工事の進行状況に応じた経時的な変動予測、逆解析による情報化施工等、建設工事に関わるあらゆる地下水問題に対応可能です。

  • 光学式地盤変位計測システム
    CCDカメラを用いた三次元地盤変位計です。任意の方向に設置が可能であるため掘削前からの計測が可能となります。

  • 長大法面情報化施工システム(Slope−α)
    蓄積された過去のデータベースとリンクさせながら最適な対策工を選定するエキスパートシステムエキスパートシステムを活用することにより、安全で経済的な長大法面の施工を実現します。

  • 斜面変状に対する施工管理システム
    Web計測監視システムで得られる各種計測データのうち、斜面の地表面変位データを用いて、地中内部のすべり面を推定し、飛島建設でこれまで蓄積してきた斜面変状崩壊データベースを参考にしながら、対策工の種類・規模などの立案に反映できるシステムです。

  • ミクストリアリティ MR - Mixed Reality - システム
    ノートパソコンに搭載したCCDカメラの位置と姿勢を写真測量学的に算出し、CADで作成した構造物(仮想空間)を、それに合致するような画像を生成してカメラ画像に合成するもので、複数の被験者が同時に複合現実感を体験することができます。

  • 地下水流動モニタリングシステム
    空間内の三次元座標を求める写真測量手法を応用し、CCDカメラによる視差の異なるデジタル画像を利用して、単孔式により3次元的流向流速を評価するものです。

  • 大型多目的三軸試験技術
    三軸試験機を用いた信頼性の高い土質評価技術です。

  • FBG光ファイバセンシングによるモニタリングシステム
    回折格子(Bragg Grating)を光ファイバに焼付けて、反射光の波長変化を利用してひずみや温度を計測する技術です。TDM方式を導入することによって、1本のケーブルに最大100センサ(最大16チャンネル1600センサ)、9kmまでの長距離計測が可能です。

  • FBG構造物健全性モニタリングシステム
    FBG光ファイバセンシング技術を用いて、構造物の変形やひずみの変化、ひび割れ・継目開口等の進展を計測し、健全性をモニタリングします。

  • FBG斜面防災監視システム
    FBG光ファイバセンシング技術を用いて地表面及び地盤内の変位や地下水位の変化を計測し、地すべり斜面の変状を多面的にとらえます。さらにインターネットを利用したWeb監視システムを組み合わせることにより、リアルタイムで常時遠隔監視が可能となります。

  • サンプラー一体型の現場透水試験装置
    廃棄物処分場などの遮水層の透水係数を現場で容易に計測します。斜面部の計測も可能で厳密な室内透水試験結果と同等の透水係数が得られます。

  • IH除去式アンカー
    本技術は、最適なアンカー本数が選択でき、簡単な装置により「PC鋼より線」を確実に除去できることなどを狙いに開発した技術です。
         
  • 木材による地中カーボンストック
    木材の地中打設による軟弱地盤対策と二酸化炭素の長期安定貯蔵による温室効果ガス削減を同時に実現します。
         

防災系技術
  • 地震防災システム
    伝達機器選定方式による緊急地震速報に、それを有効利用するな運用方法を組み合わせることで、建設現場の地震被害の軽減を図ります。

  • 液状化評価システム
    液状化を含めた地震時の概略検討から詳細検討まで、トータルな解析システムで対応し、構造物に必要な液状化の判定・予測、構造物の動的応答や変形に対する影響を適切に評価します。

  • 地震動評価システム
    建物の地震時挙動を把握し、耐震設計・解析技術の高度化をはかるとともに、耐震技術の検証ならびに新たな地震防災技術の開発に活用します。

  • 地震観測
    対象とする地域の地震活動や周辺の活断層情報などを総合的に判断し、最も影響の大きい地震を抽出します。その地震が発生した場合に生じる地震動(地面の揺れ)を、目的に応じた最適な地震動評価方法により計算します。

  • FBG光ファイバセンシングによるモニタリングシステム
    回折格子(Bragg Grating)を光ファイバに焼付けて、反射光の波長変化を利用してひずみや温度を計測する技術です。TDM方式を導入することによって、1本のケーブルに最大100センサ(最大16チャンネル1600センサ)、9kmまでの長距離計測が可能です。

  • WEBモニタリングシステム
    WEBモニタリングシステムを用いることにより、既存の光ファイバ式計測器に加え,電気式計測器や,今後開発される新しい計測器を含むあらゆる計測器を簡単に接続できます。また,それらの計測データを取り込み,一元管理することができます.

  • FBG構造物健全性モニタリングシステム
    FBG光ファイバセンシング技術を用いて、構造物の変形やひずみの変化、ひび割れ・継目開口等の進展を計測し、健全性をモニタリングします。

  • FBG斜面防災監視システム
    FBG光ファイバセンシング技術を用いて地表面及び地盤内の変位や地下水位の変化を計測し、地すべり斜面の変状を多面的にとらえます。さらにインターネットを利用したWeb監視システムを組み合わせることにより、リアルタイムで常時遠隔監視が可能となります。

  • FBG光ファイバセンシングシステム(T-FOpSS) 標準センサ
    多様な場所の計測を可能にする、TDM方式FBG光ファイバセンシング技術を 適用したセンサ類です。

  • FBG斜面・地すべり監視用計測器
    TDM方式のFBG光ファイバセンシング技術を適用した、斜面防災監視用計測器(FBG伸縮計、FBG傾斜計、FBG水位計)です。

  • FBG埋設型(ひずみ・温度)計測器
    FBG埋設型ひずみ計及び埋設型温度計を構造物のコンクリート打設時に埋設することにより、コンクリート構造物内部の計測が可能となります。

  • FBG-BOTDRハイブリッド方式による大型建設構造物ひずみ計測システム
    光ファイバセンシング技術のうち、FBG方式とBOTDR方式の代表的な2つの技術を活用し、大型建設構造物全体のひずみを求めることにより構造物の変状を監視する計測システムです。

  • FBG高精度2次元変位計
    時間分割多重化方式(TDM)のFBG光ファイバセンサを用いて、構造物の軸直角方向の変位分布を高精度に計測する2次元変位計です。この変位計により、軌道の沈下・移動やトンネルのはらみ出し・沈下、橋梁のたわみを、上下・水平方向の2次元で1.0mm未満の誤差で監視・モニタリングできます。


構造系技術
  • 立体弾塑性応答解析システム(MEP3)
    建物の地震時の挙動を把握するために開発された立体弾塑性応答解析システムです。
    近年の、デザインを重視した非対称形の超高層建物や、免震ビルなどの設計・検討に用いられます。

  • トグル制震構法
    地震エネルギーを効率良く吸収する画期的な制震構法で安全性、機能性を確保し汎用性に優れる高耐震構造です。

  • ICT工事写真管理システム
    最近急速に発展している携帯電話のICT技術のコミュニケーション機能を活用し、工事写真のとりまとめをリアルタイムかつ自動化することで現場職員の作業量の低減や施工品質を向上させる管理体制を構築するものです。


環境系技術
  • 風洞実験技術
    高層建築物や大規模土木構造物を建設する場合に、周辺への風の影響を予測・評価し、対策を検討する技術です。

  • 風環境予測技術
    建物まわりの風の分布状況を数値解析によって予測評価する技術です。

  • 切土のり面ビオトープ工法
    本工法はのり面上に自然な樹林を創出する工法です。

  • 表土吹付工法
    現場発生表土に接合剤などを配合してのり面(法面)に吹き付ける工法です。種子を人為的には一切配合せず、表土中の埋土種子(土壌中で休眠状態にある天然種子)を発芽・生育させることでのり面を緑化します。多様な郷土種を生育させ、生態系に配慮したのり面緑化を従来よりも低コストで実現します。

  • CA屋上緑化システム
    今注目の屋上緑化技術です。CA屋上緑化システムは他の多くの屋上緑化工法と異なり、天然芝の上を歩いたり走ったりすることができます。

  • 鉄道スラブ軌道面用吸音パネル
    難燃性樹脂の枠内に吹付型吸音工法による吸音層を形成した吸音パネル本体、FRPグレーチング、支持部材より構成されます。軌道近傍のほぼ全面を吸音化する騒音低減工法で、鉄道軌道面からの反射音対策に有効です。

  • リニューアルパネル
    統一型遮音壁などの金属製吸遮音パネルのリユース・リサイクルと遮音のみを目的としたコンクリートパネルの吸音化を目的に開発したものです。

  • 次世代型吸遮音パネル
    主要材料に有害物質の溶出などがなく二次使用が可能な溶融スラグや石炭灰(クリンカアッシュ)などの産業副産物を用いた、循環型社会に対応したコンクリート系吸遮音材です。

  • 工事騒音リアルタイム評価・対応システム
    建設工事現場から発生した騒音と,住宅などの監視地点の騒音を同時に記録・解析し,監視地点での騒音が,建設工事によるものか,暗騒音によるものかを瞬時に判別し,工事騒音が管理基準値を超えた場合に,迅速な騒音低減対策の実施を可能とするシステムです。

  • 移動騒音源対応型工事騒音リアルタイム評価・対応システム
    ダンプトラックやブルドーザなど移動する騒音源の監視も可能な工事騒音リアルタイム評価・対応システムです。

  • 騒音振動探査システム
    様々な振動や騒音を受ける環境下において,各騒音振動源の影響を解析するシステムです。

  • リニューアル工事騒音建物内伝搬予測システム
    耐震補強工事等のリニューアル工事で発生する建物内の工事騒音を予測・評価するシステムです。最適な予測手法と信頼性の高い実測データを取り入れることにより、高い予測精度を有します。

  • 地盤環境振動推定システム
    解析からレポートまで全てPCで実行でき、今まで高度・高コストであった解析技術を一般的に利用できるようにし、地盤構造・性状の変化や、地中構造物の有無・物性や形状の変化を同時に考慮した結果を容易に定量評価できるようにしたシステムです。

  • 無添加マンションMの居住性を高める床仕様・断熱仕様
    化学物質の室内放散を抑止するとともに、集合住宅として十分満足できる環境性能を目指し、無添加マンションの床仕様と外壁断熱仕様を改良しました。床仕様については従来と同程度以上の床衝撃音遮断性能を持ちつつ、フローリングの歩行感を高めています。外壁断熱については、断熱性能の最適化と施工方法の改善を行っています。

  • サンプラー一体型の現場透水試験装置
    廃棄物処分場などの遮水層の透水係数を現場で容易に計測します。斜面部の計測も可能で厳密な室内透水試験結果と同等の透水係数が得られます。

  • 木材による地中カーボンストック
    木材の地中打設による軟弱地盤対策と二酸化炭素の長期安定貯蔵による温室効果ガス削減を同時に実現します。
         

材料系技術
  • スラリーショットシステム
    粉体急結剤の中でも長期耐久性に定評のあるCSA(カルシウム・サルフォ・アルミネート)系の粉体急結剤をスラリー化して使用することにより、液体急結剤の特徴を兼ね備えた吹付け施工を可能としました。

  • 高強度・超高強度コンクリート
    超高層RC 造(25 〜50 階)の建築物等に適用する高い強度のコンクリートです。
    高性能AE減水剤を用いて水セメント比を低減し、各種混和材を用いて高強度化を図っています。

  • 高強度・高品質吹付けコンクリート
    高強度・高品質吹付けコンクリートの適用により、掘削直後の地山の緩み防止、長期的な荷重の増加や変形に対する耐力を向上させることが可能となり、トンネルの大断面化・偏平化等のニーズに対応するものです。

  • 高流動コンクリート
    高い流動性と材料分離抵抗性を兼ね備える優れた充填性を持つコンクリ−トです。

  • 空気圧ピン貫入試験
    空気圧式釘打ち機を用いて吹付けコンクリートの表面にピンを打ち込み、その貫入深さから強度を推定します。

  • 輝度計測式「ドライミクストコンクリート含水量測定システム 」
    吹付け作業付近で連続的にドライミクストコンクリートの含水量測定を行い、瞬時にノズル近傍で添加すべき最適水量をモニターに表示し、モニターの数値に基づき水量を調整することで品質変動の低減を行うものです。
         
  • 地下空洞充填工法
    固化材を混練したスラリーを地上からボーリング孔を通じて地下空洞に注入し閉塞することで地盤の安定化を図る工法で、主に2つの工法があります。

  • 水中不分離性コンクリート(トビクリーン)
    水を汚濁させず、高品質な水中構造物の水中施工を可能とするコンクリートです。

  • S.Q.C.(Super Quality Concrete)構造物
    S.Q.C.構造物はS.Q.Cと高強度鉄筋を使用し、必要に応じて鋼繊維補強を行うことで耐用年数を100〜300年程度としたコンクリート構造物です。

  • 環境保全・再生型海洋コンクリート
    環境保全・再生型海洋コンクリートは石炭火力発電所から排出されるフライアッシュを有効活用した海洋コンクリートおよび特殊表面処理によって、優れた品質・性能を備え、かつ藻類や海洋生物の繁殖促進効果を備えた新規の海洋コンクリートです。

  • 蛍光エポキシ樹脂真空含浸による可視化技術
    コアサンプルや供試体に低粘度の蛍光エポキシ樹脂を真空含浸させ、切断面の紫外線照射による観察を行います。本手法は、肉眼、顕微鏡観察で識別が困難な微細ひびわれや硬化体組織の多孔質化といったコンクリート表面から内部にいたる微細な劣化現象を可視化することができ、潜在的な劣化現象の評価に有効です。
         
  • 表面含浸材コンフィックスSM-9
    「SM−9」は、特殊シラン系化合物とシリコーン樹脂をハイブリッド化した表面含浸材で、コンクリート面やモルタル面に塗布、含浸させることにより、優れたはっ水作用を発揮するとともに、劣化因子の抑制層を形成し中性化進行に代表される劣化に対する耐久性向上を実現しました。また、壁面でのカビ・藻類の発生による汚れ抑制も期待できます。

  • 歴史的建造物・文化財の保護・再生
    明治期以降に建造され産業発展を支えた近代建築や近代化遺産並びに、各種文化財建造物等を対象として、これまでに培ってきた施工技術や保有技術を駆使して、歴史的建造物のリニューアル(保護・再生)を推進します。

  • TDRショット工法
    「TDRショット工法」は,セメント及び細骨材を主成分としたプレミックスタイプの無機系特殊モルタルを現場にて練り混ぜて吹き付ける断面修復工法です。

  • 石炭灰吹付けコンクリート
    吹付けコンクリートに石炭灰を添加することで、高品質化および環境負荷低減を実現します。

  • 温湿度センサーによる湿潤養生管理方法
    埋設型温湿度センサーを用いて、コンクリート内部の相対湿度の低下傾向を適時に把握し、より精度の高い品質管理ができる管理方法です。

  • ICTコンクリート打設管理システム
    検査結果・可使時間・打ち重ね時間等のリアルタイム情報共有により施工へフィードバックさせ、より信頼性の高いコンクリート工事の品質管理、現場職員の作業量の低減を目的に、最近急速に発展・多機能化している携帯電話を活用したシステムです。

  • RFIDによるコンクリート施工情報管理システム
    施工時に利用されてきたICタグとその情報を、施工後も継続して管理者が利用できるようにすることで、コンクリート構造物のトレーサビリティを確保し、維持管理に活用できるようにしました.当社がこれまで開発してきた施工時のコンクリート品質管理システムと連携させ,施工時から施工後の維持管理に至るまで一元的な情報の管理ができるシステムです。

  • コンクリート打重ね品質管理システム
    打設したコンクリートの電気伝導率の経時変化を測定し、コンクリートの凝結の進行状況を把握することで、現場固有の条件に応じた許容打重ね時間を予測する、新たな品質管理システムです。