安全で経済的な長大法面の施工を実現します
長大法面情報化施工システム Slope-α
 エキスパートシステムとリンクした独自開発技術の統合化システム


概要
長大法面の建設工事は、掘削・盛土土量が大きく法面の不安定性が周辺構造物に及ぼす影響も非常に大きいものとなります。従来から行われてきた方法では、測定が困難であったり、多大な費用がかかったりと充分な結果が得られない場合がありました。そこで、トビシマは、独自の開発技術を一連の各システムに統合した「Slope−α」を開発しました。蓄積された過去のデータベースとリンクさせながら最適な対策工を選定するエキスパートシステムエキスパートシステムを活用することにより、安全で経済的な長大法面の施工を実現します。



法面崩壊やすべりによる被害・災害を未然に防ぐためには、岩盤法面変状を早期に発見し、その状況を把握することがきわめて重要であり、変位・挙動をモニタリングできるシステムが必須となります。

特長
  • 計測システムとして一般的な計測技術の他に光学式地盤変位計測システムがあります。
  • 設計解析システムとしては連続体解析から不連続体解析にいたる様々な要求に応えます。
  • 測量・維持管理に適用出来る技術として精密写真測量システムがあります。
  • 調査技術として、簡易原位置せん断試験機や孔内超音波測定システムがあります。
  • 調査、設計、施工、計測の一連のサイクルを統合的に管理し、さらに蓄積された過去のデータベースを活用することによりさらに効率的な施工を進めることが可能です。


主な適用範囲
  • 長大法面
主な実績
  • 道路法面計測工(大阪府、長野県)
  • 急傾斜法面発破土量管理(三重県)

Keyword 長大斜面 情報化施工 
slope-αパンフレット(1.5MB) 
関連技術 光学式地盤変位計精密写真測量
関連論文 H.Chikahisa,K.Matsumoto,M.Tsutsui,Y.Ohnishi:Field Measurement and Estimation for
        Displacement Behavior of Slope Using a Photogrametric System,3rd Korea-Japan Joint
        Symposium on Rock Engineering 2002