リニューアル事業への対応を強化
リニューアル工事騒音建物内伝搬予測システム
−建物内の騒音を精度良く予測評価します−
 

概要

  耐震補強工事等のリニューアル工事で発生する建物内の工事騒音を予測・評価するシステムです。最適な予測手法と信頼性の高い実測データを取り入れることにより,高い予測精度を有します。また,煩雑であったデータ入力方法を改善し,優れた操作性を確保しました。建物を使用しながらの施工が要求されるリニューアル工事の騒音対策の立案等に有効なシステムです。

                                     
特長

  • 最適な予測手法に基づく高い予測精度
  • 建物内の騒音伝搬は固体伝搬音(躯体を伝搬する騒音)と空気伝搬音(壁や窓を透過する騒音)の二つが支配します。この両者に対して影響する要因を考慮した最適な予測手法(図1)を採用しています。
    騒音源特性や騒音伝搬過程の特性は信頼性の高い実測データに基づいて構築しているため,高い精度で騒音予測を行うことができます。

  • 優れた操作性
  • 予測に必要な工具や内装仕上げ条件などの入力データはあらかじめ用意されたメニューから選択できます。
    建物の騒音伝搬予測結果をコンター図で視覚的に表示できます。(図2)
    異なる施工工具を使用した場合の予測結果を比較できます。
    任意の住戸における室内騒音の適用等級注1)を評価できます。
    予測計算結果を報告書(A4用紙1枚)として出力できます。(図3)

    注1)適用等級とは,日本建築学会が建物遮音性能を適切に保持することを目的に,遮音性能・減音性能の判断基準として定めた室内騒音に関する建物,室用途別の適用等級です。


    (a)工事騒音の建物内の伝搬イメージ (b)工事騒音の伝搬に影響を及ぼす要因と予測手法のフロー

    図1 工事騒音の建物内の伝搬予測に関する概要図



    図2 施工工具の違いによる建物内の騒音レベルの計算結果

    (騒音レベル[dB],10階建,16スパンの集合住宅の例)


    図3 本システムで作成される報告書例

                                 
    ■予測精度の検証

     本システムを実際の集合住宅におけるハンマードリルでの穿孔作業に適用し,高い予測精度があることを検証しました。

    1) 対象建物と測定方法
     対象建物は壁式RC構造の3階建ての集合住宅です。1階のボイラー室内で穿孔作業を行い,建物内の11室で騒音レベルの測定を行いました。(図4)

     

    図4 穿孔作業位置と測定室の位置

                                   

         
    写真1 穿孔作業の状況 写真2 室内騒音レベルの測定状況


    2) 測定値と計算値の比較
     騒音レベルの測定値と本システムによる計算値を比較して図-5に示します。測定値と計算値の差は最大で3dBであり,本システムで建物内における工事騒音の伝搬状況を高精度で再現できることが判ります。

     

    図5 騒音レベルの測定値と計算値の比較
    (暗騒音[=54dB]未満はまとめて表示)



    主な適用範囲
     本システムはリニューアル工事で需要が多い構造と規模の建物,および騒音が特に大きい作業に適用することができます。
  • 建物構造:集合住宅や事務所等のなかでRC構造,SRC構造に適用できます。
  • 工事種別:建物躯体へ直接的に作業する穿孔・解体・目荒し作業に適用できます。


  •                                                                                    


    Keyword リニューアル工事 耐震補強 低騒音工事 穿孔作業 解体作業 目荒し作業
    関連資料  
    関連技術
    関連論文