担当者
−屋外の快適空間を創造します−
屋外熱環境設計支援技術
 快適空間




都市環境悪化の原因となっているヒートアイランド現象を防止し快適な住空間を創り出すためには、屋外熱環境の改善が重要な課題となります。それには、建築計画段階から周辺の熱環境(屋外熱環境)の改善を図ることが重要であり、ひいては住宅・建築物に関するエネルギー消費の削減にも繋がります。屋外熱環境設計支援技術は建物周辺の熱環境(屋外熱環境)を快適にする最適な建物配置や樹木配置を提案いたします。

フロー図

<屋外熱環境評価ソフト 画面表示例>

起動画面





  • 気象データ(風向・風速、気温、湿度)および日影により屋外熱環境を快適度(何%の人が快適と感じるか)で評価し、快適度コンター図として表示します。
  • 植栽による防風効果や木陰の効果を考慮して屋外熱環境の快適度を計算します。
  • 気流シミュレーション結果や風洞実験結果をデータベース化することで、流体解析やビル風解析に関する専門知識がなくても短時間に屋外熱環境の快適度を計算します。
  • 同時に風洞実験と同様の風環境評価を行うことができます。



  • 設計初期段階における建物配置計画の検討
  • エントランスおよび敷地内公園等の屋外熱環境に関する快適性検証
  • 設計コンペでの屋外熱環境に配慮した計画の提案
  • 風洞実験結果、ビル風解析結果を利用した屋外熱環境(快適性評価)




  • R超高層集合住宅エントランスの快適性評価(兵庫県)
  • 中層集合住宅敷地内屋外熱環境快適性評価(埼玉県)
担当者

Keyword   屋外熱環境 ヒートアイランド 快適性 風洞実験 ビル風解析
関連資料   屋外熱環境設計支援技術リーフレット
関連技術   風洞実験技術 風環境予測評価技術    
関連論文   2件