先進のテクノロジーが現場で3次元形状を忠実に再現
ミクストリアリティ MR - Mixed Reality - システム
 複合現実感(MR)を屋外も含めた建設分野に適用


概要
仮想現実感(VR;Virtual Reality:バーチャルリアリティ)に対して、実在の現実世界を基にして、電子的な仮想データでこれを補う体験をさせるものを複合現実感(MR;Mixed Reality:ミクストリアリティ)と呼んでいます。トビシマは、画像処理技術と写真測量技術を駆使して、CCDカメラ2台を搭載したノートパソコンの画面上で複合現実感を実現するシステムを開発し、これまでにトンネルやダムの建設現場で適用してきました。ノートパソコンに搭載したCCDカメラの位置と姿勢を写真測量学的に算出し、CADで作成した構造物(仮想空間)を、それに合致するような画像を生成してカメラ画像に合成するもので、複数の被験者が同時に複合現実感を体験することができます。


土捨場の景観シミュレーション

地下空間の可視化



特長
  • ノートパソコンを用いていますので、屋外で使用できます。
  • 現地では、座標既知の標識さえあれば、特別な装置は必要ありません。
  • 過去に撮影した画像でも、使用したカメラがあれば、忠実に形状を再現することができます。
  • 地下構造物なども、透視した形態を創り出すことができます。
  • 建設分野に限らず、様々な形状の現地での表現に使用可能です。


主な適用範囲
  • 計画段階:構造物・施設の配置計画、完成形の現地でのシミュレーションなど
  • 設計段階:構造部材の細部設計など
  • 施工段階:構造部材の設置位置確認、作業手順の確認など

主な実績
  • 東北新幹線八甲田トンネル(青森県)

Keyword ミクストリアリティ バーチャルリアリティ 
MRリーフレット 
関連論文 筒井雅行,近久博志,小林薫,阿保寿郎:複合現実感による地下空間の可視化に関する実験的研究,
         土木学会第8回地下空間シンポジウム,2002