携帯電話を活用し工事写真管理の省力化と施工品質の向上を実現!
ICT工事写真管理システム
−ICT技術のコミュニケーション機能により、工事写真の管理や配筋検査作業を省力化−



概要

 建築現場の施工管理においては、特に鉄筋工事の工事写真の管理に多大な労力を要しています。この作業の多くは撮影した工事写真のとりまとめとアルバム作成で、この省力化が課題の一つです。
 「ICT工事写真管理システム」は、最近急速に発展している携帯電話のICT技術のコミュニケーション機能を活用し、工事写真のとりまとめをリアルタイム化かつ自動化することで現場職員の作業量の低減や施工品質を向上させる管理体制を構築するものです。
 本システムは、撮影した写真と関連付けた撮影対象物の情報(配筋図や鉄筋径・本数など)を携帯電話により専用サーバに送り、自動的にアルバムを作成するものです。
 撮影対象物の情報は、その場で携帯電話に直接入力も可能ですが、@サーバ登録情報の検索呼び出し機能、および工事黒板に印刷したQRコードを利用するAQRコード自動読み取り機能、を組み込み現地作業の省力化を図りました。
 写真や情報を専用サーバ上で一元管理し、インターネットを通じて現場以外でもリアルタイムに情報が共有でき、 撮影者だけでなく現場や本・支社も同時に施工品質を管理できる体制が構築可能となりました。
 また、専用サーバに登録された情報を携帯電話で検索する仕組みにより配筋検査作業の省力化も実現しています。

※QRコード:株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

ICT写真管理システム概要
従来作業との比較 管理画面の一例



特長
  • 入力装置として携帯電話を利用しているため、操作性に優れ各現場へのシステム導入も容易です。
  • インターネットを通じてどこでも情報をリアルタイムに共有できます。
  • カメラ付き携帯電話を利用することで撮影した写真もサーバへ送信し共有することができ、状況を視覚的に確認できます。
  • データベース化によりトレーサビリティを実現できます。
  • QRコードを利用し携帯電話による入力作業を省力化できます。
  • 工事写真の自動アルバム化により、アルバム作成の労力や時間を大幅に削減できます。
  • 対象の情報(配筋図や鉄筋径・本数など)を検索可能で、配筋検査作業を省力化できます。
  • サーバに写真と情報が登録されると自動的に情報登録メールが関係者に送信されるため、複数の視点で撮影した写真・情報をリアルタイムに確認できます。


主な適用範囲
  • 工事写真の管理
  • 配筋検査



主な実績

  • 当社施工現場にて試験適用中



Keyword 工事写真 配筋検査 携帯電話 リアルタイム 情報共有
関連資料  
関連技術 ICTコンクリート打設管理システム
関連論文