コンクリートダムなど高品質のマスコンクリート構造物が実現できる
マスコンクリート温度応力管理システム MACS-α
 計測に基づく逆解析を駆使した温度応力管理システム



概要
マスコンクリート温度応力管理システム「MACS−α」は、高品質なマスコンクリートを構築するために、幅広い領域に渡る専門的なノウハウを凝縮した総合的な設計・施工管理システムです。 現場計測を通じて施工を管理する情報化施工の手法により、調査・設計・施工・計測をバランスよく連携させながら、安全、高品質で経済的なマスコンクリート構造物が実現できます。

■情報化施工のフロ−
■温度管理の関連図

■逆解析の適用概念図

■MACS−αの順解析と逆解析とは

既知の構造条件や荷重条件から温度や変位を求める通常の「順解析」に加え、「逆解析」手法を用いて実際に計測された温度や変位から材料定数や荷重を逆算します。現場計測に「順解析」と「逆解析」を組み合せることによって、予測の精度は向上し、よりハイレベルな設計・施工管理システムとして活用できます。




特長
  • 最適な配合計画やクーリング設計により、高品質なマスコンクリート構造物が得られます。
  • 施工設備に対応したリフトスケジュールの検討などによって工期の短縮が図れます。
  • 経済的なリフトスケジュールや配合設計により、コストダウンが図れます。
  • 高精度な解析により、ひび割れ等の問題を未然に防止できます。
  • マスコンクリート施工のあらゆる場面を,バランス良く連携させながら管理できます。
  • 現場と本社とのデータ通信よって高精度で効率的なデータ解析ができます。


主な適用範囲
  • 重力式コンクリートダムなど,マスコンクリート構造物全般

主な実績
  • 長谷ダム(兵庫県)
  • 摺上川ダム(福島県)
  • 中岳ダム(鹿児島県)
  • 永平寺川ダム(福井県)
  • 大内ダム(秋田県)
  • 高エネ研8東海)大強度陽子加速器施設(原子核・素粒子)親営土木工事
    など多数

Keyword マスコンクリート 逆解析 情報化施工 
MACS-αリーフレット 
関連技術 低温温度応力管理システムFreeze-α
関連論文 H.Chikahisa,H.Nakahara,M.Tsutsui,S.Sakurai:Estimation of thermal Characteristics of
         Underground Structures Based on Field Measurements by Using a Back Analysis
         Method,Proc.4th Int. Symp.Filed Measurements in Geomech,pp.105-pp.112,1995