吹付けコンクリートの初期強度を推定するための試験方法
空気圧ピン貫入試験
 簡易な原位置試験により吹付けコンクリートの初期強度発現を適切に把握



概要
空気圧ピン貫入試験は、トンネル一次支保に用いる吹付けコンクリートの初期強度を推定する試験方法です。空気圧式釘打ち機を用いて吹付けコンクリートの表面にピンを打ち込み、その貫入深さから強度を推定します。

試験状況

試験状況
強度推定式
強度推定式




特長
  1. 機器の取り扱いが容易で、試験結果に個人差が小さくなります 。
  2. 空気圧力により、安定した貫入力が得られます。
  3. 貫入方向制限がなく、壁面での原位置試験が可能です。
  4. 2 種類のピンの使用により広範囲の強度推定が可能です。(各ピンの適用範囲(圧縮強度):ピンA :10 〜30N/mm2 ,ピンB :〜10N/mm2
    また本試験方法の規準試験方法としての運用に向けては、(a)強度推定式の確定、(b)機器の貫入力検定方法、(c)異常測定値の処理方法を明らかにしています。

  5. 日本道路公団規格 JHS 726-2001 「空気圧式ピン貫入試験」

主な適用範囲
  • 《適用性が確認されている配合条件》
    粗骨材最大寸法が10mm または15mm であり、単位粗骨材量が450 〜750kg/m3 程度の繊維補強吹付けコンクリートを含む吹付けコンクリート(一般的な吹付けコンクリートに問題なく適用できます。)
    《圧縮強度の範囲》30N/mm2 程度以下の初期強度


主な実績
  • 第二東名高速道路静岡第六トンネル工事
  • 第二東名高速道路桃園トンネル工事
  • 東海北陸道飛騨トンネル避難坑工事
  • 九幹鹿、楠田トンネル他工事
  • 北陸自動車道敦賀トンネル補修工事

Keyword トンネル 初期強度 吹付けコンクリート 
関連資料 日本道路公団規格 JHS 726-2001 「空気圧式ピン貫入試験」 
関連技術 スラリーショット   高強度・高品質吹付けコンクリート
関連論文 「空気圧を用いたピン貫入試験による吹付けコンクリートの初期強度推定」 など