構造物の超高層化、大スパン化を可能にするコンクリート
高強度・超高強度コンクリート
設計基準強度36N/mm2(超高強度:60N/mm2)を超えるコンクリート



概要
高強度コンクリートは、超高層RC 造(25 〜50 階)の建築物の下層階等に適用する高い強度のコンクリートです。
高強度コンクリートでは、 高性能AE減水剤を用いて水セメント比を低減し、各種混和材を用いて高強度化を図っています。

※高強度コンクリートはJIS規格外品ですので建築物に用いる場合、建築基準法第37条の大臣認定が必須となります



特長
  • 高強度コンクリートは市中の生コン工場で製造可能です。
  • 高強度コンクリートの設計基準強度は39 〜60N/mm2 であり実強度は50 〜80N/mm2 程度の高い強度を有します。
  • 高い強度を有する高強度コンクリートを構造体に用いると、一般に各種劣化に対して耐久性の高い構造体となります。
  • 高強度コンクリートは建築物以外にも適用可能です。

主な適用範囲
  • 超高層・高層建築物の下層階構造体など
  • 大スパン(柱間距離の大きい)大規模な建築物など
  • 長期間の供用が期待される、高い耐久性を有するコンクリート構造物など


主な実績
  • 赤坂8丁目ビル計画新築工事(2002)
  • ルネ尼崎新築工事(2001) (左上写真)
    大臣認定 MCON-0180、0181 Fc:60N/mm2
  • D’クラディア大泉新築工事(2002)(右写真)
    大臣認定 MCON-0473 Fc:48N/mm2 
  • 西五反田一丁目再開発ビル計画新築工事(2003)
    大臣認定 MCON-0664 Fc:42N/mm2 
  • 南古谷プロジェクト新築工事(2003)
    大臣認定 MCON-0718 Fc:39N/mm2 
  • 永代2丁目ビル新築工事(2003)
    大臣認定 MCON-0664 Fc:42N/mm2 
  • 大井小中一貫校新築工事(2005)
    大臣認定 MCON-0664 Fc:54N/mm2
  • 浦安当代島1丁目新築工事(2006)
    大臣認定 MCON-0664 Fc:42N/mm2
  • 道場2丁目計画(2006) Fc:39N/mm2
  •     
  • 「上之園プロジェクト」マンション新築工事(2007)
    Fc:42N/mm2
  •     
  • 水戸プロジェクト新築工事(2007)
    Fc:48N/mm2

     

 

 

 


Keyword 超高層建築物  高強度コンクリート  高性能AE減水剤  

関連資料 建築工事標準仕様書・同解説 JASS5 鉄筋コンクリート工事 2003(日本建築学会)
       JIS A 5308(2003.12.20改正),高強度コンクリート施工指針(案)・同解説(日本建築学会)


       【社内マニュアル】
       超高強度コンクリートマニュアル

関連技術 高流動コンクリート S.Q.C.構造物   
関連論文 「超高強度コンクリートに使用する粗骨材の評価方法に関する基礎実験」など