風洞実験をよりスピーディーに
風洞実験技術
 風環境予測・評価技術



概要
高層建築物や大規模土木構造物を建設する場合に、周辺への風の影響を予測・評価し、対策を検討する技術です。予測方法として一般的な風洞実験の計測を行う風速計測システムと風環境の予測・評価、結果を地図上に図示する風環境評価システムの2つのシステムから構成されます。

システム図

評価結果図

風洞実験状況


特長
  • 風洞実験による風速計測、データ解析、評価、報告書作成まで一連のソフトで行うため、従来に比べ短時間で風環境評価を行うことができます。
  • 評価指標は物件に応じて村上手法、風工学手法を選択することができます。
  • 評価結果を地図上に作成することができます。
  • 他のドキュメント作成ソフトへ結果を簡易に取り込むことができます。
  • 強風域をコンター表示することができます。



主な適用範囲
  • 高層建築物周辺の風環境予測
  • 換気塔、煙突、盛土道路周辺の気流性状予測
  • 大規模土地造成に関する気流性状予測

主な実績
  • ワコール本社ビル風環境調査(京都府)
  • N大学風環境調査(埼玉県)
  • 盛土道路周辺通風調査(神奈川県)
  • 市街地再開発事業に伴う風環境調査(東京都)
  • 工場煙突周辺風環境調査(新潟県)

関連論文
Keyword  風環境 ビル風 高層建築 風洞実験
関連資料  リーフレット