海洋環境の保全・再生のためのコンクリート
環境保全・再生型海洋コンクリート
 フライアッシュを有効活用し海洋環境負荷を低減、かつ藻類等繁殖を促進させる技術



概要
環境保全・再生型海洋コンクリートは石炭火力発電所から排出されるフライアッシュを有効活用した海洋コンクリートおよび特殊表面処理によって、優れた品質・性能を備え、かつ藻類や海洋生物の繁殖促進効果を備えた新規の海洋コンクリートです。



小型試験体による効果確認実験


角型実大コンクリート漁礁(2×2×2m)による藻類・海洋生物付着および集魚効果試験を実施


漁礁上面の藻類繁殖状況


表面の藻類繁殖とサンゴ着床



特長
  1. コンクリート中にフライアッシュを多量添加することで大幅にセメントを減量し、セメントによりもたらされる海水中へのアルカリ成分の溶出が抑制され海洋環境(生態系)への負荷が低減されます。
  2. 藻類や海洋生物の繁殖の促進効果およびコンクリート中からのアルカリ成分の溶出抑制効果を兼ね備えた特殊表面処理とフライアッシュを多量添加した海洋コンクリートを複合することで、優れた海洋環境の保全・再生効果を早期に発揮する海洋コンクリートが得られます。
  3. コンクリート中にフライアッシュを多量添加することにより、長期材齢に及ぶ大きな強度発現が得られると共に海水からの塩分の浸透拡散を大幅に低減して、塩害への抵抗性に優れる海洋コンクリート構造物を実現します。
  4. 電力需要の増加に応じ石炭火力発電所から産業廃棄物としての排出量の増加が大きな問題となっているフライアッシュの有効活用を促進して、環境保全や廃棄物処理場の延命に寄与します。
  5. 記載の技術は、琉球大学と飛島建設による共同研究*1並びに経済産業省からの助成研究*2による成果の概要をとりまとめたものである。なお、一連の実験は、沖縄県瀬底島の琉球大学生物圏研究センターの海岸および沖合にて行った。
    *1 「藻類繁殖による漁礁コンクリートに関する研究」;琉球大学と飛島建設(株)による共同研究
    *2 「亜熱帯地域の海洋開発計画に伴う新技術の研究」;経済産業省地域新生コンソーシアム研究開発事業(助成研究)琉球大学・沖縄電力(株)・(株)沖縄構造設計・沖縄生コン工業組合・飛島建設(株)による共同研究

主な適用範囲
  • 海洋構造物や沿岸構造物等に用いる海洋コンクリート全般および漁礁や消波ブロック用のコンクリートなどを対象としています。

Keyword フライアッシュ 環境保全      
関連資料  
関連技術 トビクリーン
関連論文 「魚礁コンクリートの藻類等繁殖機能向上に関する研究」など