地震動評価技術
地震動評価システム
目的に応じた地震動評価方法




地震防災を考えるとき、地震動評価が重要となります。地震動評価では、対象とする地域の地震活動や周辺の活断層情報などを総合的に判断し、最も影響の大きい地震を抽出します。その地震が発生した場合に生じる地震動(地面の揺れ)を、目的に応じた最適な地震動評価方法により計算します。


地震動評価の概要


★モバイルパソコンを用いた地震動評価システム

 従来の地震動評価システムは詳細な検討を行うために専門的な知識を必要としますが、ある程度誰でも使用できるよう簡易版としたパソコン上で動作する地震動評価システムを開発しています。パソコン版地震動評価システムは、地理情報システム(GIS)とリンクし、日本全国の地震発生源と地盤特性をデータベース化しており、対象地点と地震動予測手法を選択するだけで、想定地震により生じる検討対象地点での地震動を短時間に計算することが出来ます。モバイルパソコンで稼働しますので、場所を問わず地震動評価が可能です。



パソコン版地震動評価システム




パソコン版地震動評価システムの操作イメージ


  1. 対象とする地域の地震活動と地盤特性を考慮します。
  2. 断層の広がりや、断層破壊の非一様性を考慮することができます。
  3. 最新の技術を用いた震源のモデル化が可能です。
  4. 目的に応じて最適の地震動評価(理論的方法、半経験的方法、経験的方法、ハイブリッド法など)を使用します。
  5. 耐震設計に用いる入力地震動の作成から、地震被害想定までの広い用途に適用可能です。


  • 設計用の入力地震動の作成
  • 地震被害予測
  • 地震被害分布の作成
  • 地震動分布(震度、最大加速度など)の作成

もっと詳しく

Keyword 断層モデル アスペリティ 経験的地震動評価 半経験的グリーン関数法 ハイブリッド法 
防災パンフレット 
地震動解析システム、動的相互作用解析システム、液状化評価システム地震被害調査
池田隆明、釜江克宏、三輪滋、入倉孝次郎:経験的グリーン関数法を用いた2000年鳥取県西部地震の震源のモデル化と強震動シミュレーション,日本建築学会構造系論文集、第561号、pp.37-45、2002.11