TOBI−TECH(トビテク)とは? TOPページへ 飛島建設ホームページへのリンク
計画・設計・施工実績を一元管理+画像処理・計測
トンネル施工情報管理システム
計画・設計及び施工実績の情報活用を画期的に改善,レーザーマーキング技術と画像処理・計測技術を融合



概要
 山岳トンネル建設工事では、より安全な施工を行うため、計画・設計情報と実際に掘削した切羽の地質状態、施工実績、写真などを記録し、必要に応じてそれらを検索し、計画と実態を比較・分析しています。しかし、施工現場で切羽の地質状態の観察記録をとりまとめることや、トンネル全体にわたり予実績を管理し分析することに多大な労力を費やしています。そのため、これらの情報を一元管理し、素早く容易に検索や分析ができ、わかりやすく表示されるシステムが切望されていました。
 本システムはこれらの課題に対して、2つの機能で対応するものです。
 ひとつは、@トンネル情報(計画・設計情報、施工実績情報、切羽観察情報、切羽画像情報)の一元管理、A検索・分析作業の高度化・省力化、Bトンネル情報の可視化・電子化という情報の一元管理・分析・表示機能です。
 もうひとつは、日常の施工管理として撮影されている切羽(掘削面)撮影画像を有効に活用する切羽画像処理機能です。すなわち、レーザーマーキング技術と画像処理・画像計測技術の融合により実現した、切羽撮影画像を用いた画像処理・計測機能です。
 本システムを利用することで、関連する情報を一元管理することができ、過去(既施工区間の施工実績情報)、現在(掘削中の切羽状況や画像計測による掘削面積)、未来(今後の計画・設計情報や地質の予測)をひとつのシステムで評価することが可能となりました。施工管理を飛躍的に合理化するとともに高品質の施工を実現するシステムです。

レーザーマーキングと画像処理(オルソ画像に変換処理)
システム表示画面の例
(計画・設計・施工情報の一元管理・検索・分析・表示と画像処理・画像計測)



特長
■情報の一元管理
  • 計画・設計情報、施工実績情報、切羽観察情報、切羽画像情報を電子化し一元的に管理
■多様な分析、画像表示機能
  • 撮影画像の管理
  • 画像処理・画像計測
  • 地質縦断・横断図作成・予測
  • 情報(切羽位置・切羽画像・支保パターンなど)の3次元可視化表示
  • 土被りや切羽画像をトンネル線形に合わせてわかりやすく表示
  • マウス操作で対象地点の詳細情報を表示


主な適用範囲
  • トンネル建設工事



主な実績

  • 小郡トンネル(当社施工現場:試験適用)



Keyword 施工情報 画像処理 画像計測
関連資料  
関連技術
関連論文