掘削面の岩盤スケッチ作業を省力化,
視覚的に把握しやすい画像による管理記録を作成   
岩盤面描画支援システム   
画像処理技術を利用したスケッチ支援システム

概要
「岩盤面描画支援システム」は、従来、地質技術者が現地を測量しながら紙面上に描画していた岩盤面のスケッチを、尺度を持たせたPC画像上で実施する技術です。画像上で寸法の計測を実施できるため、測量・計測など大がかりな準備作業を大幅に軽減することが可能です。また、調査対象の全体を画像で確認しながら、実物を見てスケッチすることができます。 PC上で描かれたスケッチは、電子データであるためスケッチ作業後、すぐに必要に応じたさまざまな加工を行うことができます。また記録は画像上に描かれているので、基礎岩盤面など建設当時の施工品質を示すとともに、視覚的に把握しやすい管理記録として残すことができます。 このように、「岩盤面描画支援システム」を用いて蓄積したデータは、施工管理や施工した構造物の品質に対する信頼性を示すものとして活用されます。

岩盤面描画支援システムを用いたスケッチの作業手順

特長
    【スケッチデータの活用範囲の拡大】
  • スケッチしたデータが直接電子データとなるので、今まで再度なぞって電子化するなどの処理をしていた後処理の作業が大幅に軽減できます。
  • 作成されたスケッチは、地質や岩級などの区分を示す分布図の作成や、湧水や亀裂のみを示す分布図の作成など、さまざまな用途に加工できます。
  • スケッチや地質技術者の記録は画像上に示されるので、基礎岩盤面など建設当時の施工品質を示すとともに、視覚的に把握しやすい管理記録として残すことができます。そのため、施工した構造物の品質に対する信頼性をお客様に示すことができます。
    【スケッチの準備作業の軽減】
  • スケッチ対象の位置を示す、測量などの準備作業が大幅に省力化されます。実物の長さを示す箱尺や巻き尺を測量対象と同時に写すことにより、尺度をもった画像となるため、画像上で寸法の計測をマウスやタッチペンなどで簡単に実施することができます。
    【スケッチ作業の大幅な改善、精度の向上】
  • 岩盤やスケッチの全景を俯瞰(ふかん)することができるので、描画を進めている箇所の位置を特定することが容易になります。この技術を利用することで、岩盤から離れてみたり近接したりといった移動する労力が軽減され、スケッチ作業の効率が上がります。また、画像を確認しながらスケッチを進めるので記述漏れや、位置の大幅なズレなどが少なくなります。

主な適用範囲
  • 土木構造物の基礎岩盤のスケッチ
Keyword
岩盤面 スケッチ 地質図 画像処理 画像計測
関連技術
精密写真測量システム(TPhotoS) トンネル施工情報管理システム
関連論文