液状化評価システム
 性能設計に対応した合理的な液状化評価システム


概要
地盤の物性を適切に評価するとともに構造物や液状化を含めた地盤の地震時挙動を簡易法や数値シミュレーションにより評価する技術です。数値シミュレーションでは、色々なことが想定可能で、これを基に液状化対策などの合理的な設計が可能になります。この技術により、超高層建物をはじめとする構造物の地震時挙動を正確に把握することや、地盤の変形予測、地盤と構造物の地震時挙動予測が可能になります。液状化を含めた地盤の地震時の概略検討から詳細検討まで、トータルな評価システムです。

地盤の液状化による被害

←液状化により傾斜した建物

液状化で発生した噴砂↓


免震構法用積層ゴムの変形性能試験
粘土

シルト液状化実験
砂礫(まさ土)

免震構法用積層ゴムの変形性能試験


シルト液状化実験
シルト
いろいろな土の液状化状況

有効応力法による地震の液状化解析プログラム
プログラム名 YUSAYUSA FLiP
対象 地盤 地盤−構造物
解析モデル せん断バネ質点モデル 有限要素モデル
応力−ひずみ関係 履歴型双曲線モデル 履歴型拡張双曲線モデル
間隙水圧発生モデル 有効応力経路モデル 井合モデル



特長
  • 液状化に対する地盤物性を適切に評価し、モデルの作成およびパラメータの設定を行います。
  • 液状化特性と地盤物性の関係から、合理的でしかも簡易な評価を行うことができます。
  • 地震時に地盤の中で時々刻々と変化する間隙水圧と有効応力を考慮して、地震応答解析を実施することができます。
  • 用途および目的に応じて解析プログラムを使い分けることができます。
  • 液状化発生の判定と予測を詳細に検討することができます。
  • 液状化による地盤の沈下・変形を予測することができます。
  • 液状化対策工の効果を予測・評価できます。


主な適用範囲
  • 液状化発生の詳細予測および判定
  • 液状化対策工法の効果予測
  • 液状化を考慮した地盤の地震応答解析
  • 軟弱な地盤の地震応答解析


主な実績

Keyword 液状化 地震応答解析 振動実験 要素試験 標準貫入試験 
液状化解析システム  STYFAL  更新統(洪積層)砂層の液状化
関連技術 液状化解析システム STYFAL 更新統(洪積層)砂層の液状化 
1)森伸一郎,滝本幸夫,武藤正人,戸早孝幸,池田隆明:地盤-構造物連成系に対する有効応力
         液状化解析の適用性,第8回日本地震工学シンポジウム論文集,pp.801-806,1990.12
         2)森伸一郎,三輪滋,沼田淳紀:1995年兵庫県南部地震におけるまさ土埋立地盤の液状化挙動
         に関する振動大実験,土木学会論文集,No.549,I-37,pp231-248,1996.10