地下水の流向流速を3次元で精度良く測定
地下水流動モニタリングシステム
 CCDカメラを用いた光学式流向流速計(モニタリングシステム)


概要
地下水情報を得る場合、経済性や工期などを考慮すると、多孔式に比較して、単孔式による地下水調査法が有効です。しかし、従来の単孔式による方法では、複雑な挙動を示す地下水に対して平面的な挙動しか評価できません。この技術は、空間内の3次元座標を求める写真測量手法を応用し、CCDカメラによる視差の異なるデジタル画像を利用して、単孔式により3次元的流向流速を評価・モニタリングするものです。

システム構成

測定装置先端部の概要図

CCDカメラとプリズムを組み合わせて視差を異なる画像を利用するため、単孔法により地盤内の3次元的な地下水流向流速を経済的かつ的確に測定することができます。




特長
  • 単孔式で3次元的な流向・流速が正確に評価できます。
  • 単孔式の調査法であり経済的です。
  • 測定深度を変化させることで、深度ごとの3次元的な流向・流速が測定可能です。
  • 原位置における測定作業が簡単で特殊な技術・能力を必要としません。
  • トレーサーを用いた多孔式の流動調査では、ボーリング位置によってはトレーサーを検出できないなどの問題が発生する場合がありますが、本方法ではやり直しがほとんどありません。
  • 精度の高い地下水情報と数値解析を組み合わせることで、影響予測や対策工の効果を正確に評価できます。
  • 一般的な地質調査ボーリング孔を利用可能です。



主な適用範囲
  • 廃棄物処理場・工場跡地等の周辺部の地下水汚染調査のための地下水流動方向・流速の把握
  • 都市土木における地下掘削現場における止水工法の選定および周辺井戸への影響予測
  • トンネル掘削による周辺井戸への影響予測
  • 堤防・ため池・水路等の漏水個所調査
  • 地すべり地の地下水排除工設計のための地下水流動層の調査



Keyword 情報化施工 地下水 調査 環境 3次元 CCDカメラ モニタリング
流向流速計リーフレット 
関連技術 地下水変動解析システム 精密写真測量
関連論文 1)小林薫,近久博志,松元和伸,熊谷幸樹:CCDカメラを利用した単孔法による3次元流向流速測定
         に関する基礎的実験,日本地下水学会,2002
         2)小林薫,近久博志,松元和伸,熊谷幸樹:CCDカメラを利用した3次元流向流速測定に関する基礎
         的研究,地下水学会誌,第45巻第1号,2003