TOBI−TECH(トビテク)とは? 防災のトビシマ建ててから始まる真のお付き合い
技術研究所までのアクセス技術研究所までのアクセス 飛島建設ホームページへのリンク

「社会とのコミュニケーション」トップへ

環境方針と活動実績
 社長方針・技術研究所方針と環境負荷低減活動実績および環境ISO活動実績 
         
社長環境方針
  
[基 本 理 念]
 我が社は恵み豊かな地球環境の保全の重要性を認識し企業活動のあらゆる面で地球環境に配慮して行動する。

[行 動 指 針]
 1.全ての企業活動において、積極的に環境保全活動に取組み、定着を図る。
   ・環境保全活動のための推進組織を維持・改善し、常に最新の環境マネジメントシステムとする。
   ・内部環境監査を実施し、継続的改善と向上を図る。
   ・環境保全に関する実施事項を文書化し、全社員の周知を図る。
   ・土木構造物・建築物における設計、施工、技術研究及び管理活動における環境保全活動を推進する。
 2.環境関連法及び会社が同意する発注者、建設業界、近隣住民等の要求事項を順守する。
 3.環境保全活動として継続的に下記の項目について取組む。
   ・汚染物質の低減への取組み。
   ・省エネルギーへの取組み。
   ・資源循環・省資源への取組み。
   ・建設副産物減量化への取組み。
   ・地球温暖化ガス排出量低減への取組み。
   ・グリーン調達の推進への取組み。
   ・自然環境の保全、再生への取組み。
 4.環境に関する社会活動に積極的に参画し、社会に貢献する。

         
技術研究所の方針
  

 1.環境関連技術の提案活動を推進する。
 2.環境関連技術開発を推進する。


    
技術研究所の環境負荷低減活動実績および環境ISO活動実績

@ 環境会計(2014年度)
環境保全コスト 内 容
区 分 金額(千円)
資源循環コスト 1,691 産業廃棄物、一般廃棄物処理費
環境関連研究開発コスト 62,033 環境関連技術の研究開発コスト

資源循環コスト 環境関連研究開発コスト
資源循環コスト 環境関連技術の研究開発コスト

A 地球温暖化防止への取り組み(2014年度)
エネルギー使用量 CO2(二酸化炭素)排出量
原単位
電力kg-CO2/kWh
油類kg-CO2/l
排出量
kg-CO2
電力(kWh) 698,224 0.555 387,514
軽油(l) 198 2.620 519
灯油(l) 4,000 2.490 9,960
ガソリン(l) 170 2.320 394
398,387
前年度実績(前年度比) 398,387(+7%)
CO<sub>2</sub>(二酸化炭素)排出量
CO2(二酸化炭素)排出量
◆ 昼休み時間の消灯、コピー機の利用低減、クールビズの推進などにより、CO2排出量削減に向けた取り組みを継続しています。