TOBI−TECH(トビテク)とは? TOPページへ 飛島建設ホームページへのリンク

   
 

お知らせの一覧



■ 2014年5月30日に技術研究所無事故無災害継続10000日記念植樹式を開催しました。

 2014年5月30日に、技術研究所で無事故無災害継続10000日記念植樹式を開催しました。技術研究所は1986年
12月15日に現在地(千葉県野田市)に移転仮開所して以来、無事故無災害を継続し、本年5月1日に10000日を達
成しました。そのお祝いとますますの安全を祈念して、富松社友、三輪所長、技術研究所の職員、協力会社の皆
さんの22名が参加して、記念植樹を行いました。

 開式にあたって、三輪所長より、「技術研究所は1986年の野田への移転仮開所から、無事故無災害を続け、
10000日になりました。飛島建設は激変する地球環境から人々の暮らしと命を守るという建設業の根源的な使命
を「防災のトビシマ」というスローガンであらわし、活動しています。技術研究所では、これを受けて、「防災・減災」、
「環境保全」、「持続可能な社会基盤の維持」に貢献する技術の開発に力を入れてきました。そのような活動のな
かで、無事故無災害で一つの区切りの記録も達成で来ました。これは技術研究所だけでなく、多くの方々の応援
を受けて達成出来たものです。これからも人の繋がりを大切にし、安全第一で活動を続けていきましょう。」と挨拶
がありました。

 その後、「秋に遠くからもわかる芳香で安全をすぐ思い出せるように」と出席者全員でキンモクセイを植樹し、記念
撮影をして閉会しました。


[植樹式の写真]
三輪所長の挨拶 記念植樹(三輪所長(左),富松社友(右)) 植樹したキンモクセイと参加者

お知らせの一覧