TOBI−TECH(トビテク)とは? TOPページへ 飛島建設ホームページへのリンク

   
 

お知らせの一覧


■  2014年5月26日(月)、高知市において「丸太打設工法の施工及び実証調査」の現地見学会を開催しました。


 2014年5月26日(月)に、高知県高知市仁井田において、森林整備加速化・林業再生基金事業「丸太打設工法の
施工及び実証調査」の現地見学会(主催:高知県森林組合連合会、協力:飛島建設(株)、高知大学)が開催され、
国土交通省、自治体、建設業、林業、報道などの関係者約70名が参加されました。

 開会にあたり、主催者の戸田文友 高知県森林組合連合会 代表理事 会長、協力者の三輪 滋 飛島建設(株) 
執行役員 技術研究所長、来賓の谷脇勝久 高知県 林業振興・環境部 木材利用推進課長補佐 より挨拶がありま
した。
 続いて、原 忠 高知大学 教育研究部自然科学系農学部門 教授より「高知県における地震防災」について、また、
沼田淳紀 飛島建設(株) 技術研究所 主席研究員より「丸太打設液状化対策&カーボンストック(LP-LiC)工法」に
ついての説明があり、その後、実際の丸太打設施工の状況を見学していただきました。

 雨の中、多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

 「丸太打設液状化対策&カーボンストック(LP-LiC)工法」は、地域材(丸太)を地盤中に打設することで地盤を
密に改良する液状化対策工法です。施設の液状化対策(「地震減災」)を行うと同時に、地中に打設した木材が
長期間炭素を貯蔵することにより「地球温暖化緩和」にも貢献する工法です。


※「丸太打設液状対策工法&カーボンストック(LP-LiC)工法 」は、飛島建設(株)、兼松日産農林(株)、昭和マテリアル(株)の3社が
   開発した工法です。

 ■「丸太打設液状化対策&カーボンストック(LP-LiC)工法」のリンクはこちら
 ■「丸太打設による地盤対策工法」(木材による地中カーボンストック)のページへのリンクはこちら

     


戸田文友 高知県森林組合連合会 代表理事 会長の挨拶
三輪滋 飛島建設(株) 執行役員 技術研究所長の挨拶
 


谷脇勝久 高知県林業振興・環境部木材利用推進課長補佐の挨拶
原忠 高知大学教授による高知県における地震防災の説明
 


沼田淳紀 飛島建設(株) 技術研究所 主席研究員による説明
施工状況見学の様子


お知らせの一覧