TOBI−TECH(トビテク)とは? TOPページへ 飛島建設ホームページへのリンク
back  音響実験棟  next


音響実験棟
社会における環境への関心が高まるなかで、音響も重要な研究テーマの一つです。土木・建築技術の向上は音との戦いの歴史でもあります。そうした中、新たな吸音材料、建築材料及び工法の開発、環境アセスメントに関する確認実験等はますます注目されています。音響実験棟は、基礎的な物理データの収集を主な目的とする無響室と残響室、より実際に即した実験を行う住宅用実験室と模型実験室、そしてこれらの実験室で得られたデータをリアルタイムで解析する計測室によって構成され、各種のニーズに的確に応えています。


残響室施設利用可

残響室の内部は音がほとんど減衰しないようコンクリート打ち放し仕上げになっています。このため、室内で発生した音は長時間響きつづけ部屋全体にまんべんなく拡散してどの位置でも音の大きさはほとんど同じ空間(拡散音場)となっています。残響室は隣り合わせに二つあり、この間に10m2の開口があります。試験用途により片側の残響室を単独で使用する場合には、PC版を挿入して開口を塞ぐことができます


○実施可能な実験

  • 材料の音響等価損失の測定(JIS A 1416)
  • 材料の吸音率の測定(JIS A 1409)
  • 設備機器等の音響パワーレベルの測定(JIS Z 8734)

○仕様
  第一残響室 第二残響室
床面積 60m2 42m2
表面積 295m2 208m2
容積 350m3 210m3
出入口扉 2.0m × 2.0m H
コンクリート充填防音扉
0.9m × 2.0m H
コンクリート充填防音扉
残響室間開口寸法 3.7 m × 2.7m H
屋根・壁勾配 15度
壁・天井コンクリート 300mm
床仕上げ コンクリート金ゴテ
壁・天井仕上げ コンクリート打ち放し
PC版取り付け装置 PC版搬送台、10tホイストクレーン




住宅用実験室
施設利用可

住宅用実験室は実際の集合住宅の居室を模した3階建ての施設です。この実験施設は集合住宅やホテルにおける床衝撃音や壁の遮音性能を測定することを目的としておりコンクリート素面の床および壁面にフローリングやプラスターボードなどの仕上げ材を施工して、実際の施工条件での遮音性能を測定することができます

○実施可能な実験

  • 建築物の現場における音圧レベル差の測定(JIS A 1417)
  • 建築物の現場における床衝撃音レベルの測定(JIS A 1418)
  • 建築物内外部振動源による固体伝搬音の測定。

○仕様
床コンクリート厚 180mm、200mm、PC版設置用開口(2階)、150mm(3階)
壁コンクリート厚 180mm、200mm(1階)、150mm(2階)、開口(3階)
室寸法(1階) 3,600mm × 2,700mm × 2,750mm H (3室)
室寸法(2階) 3,600mm × 2,700mm × 2,750mm H (2室)
室寸法(3階) 3,600mm × 5,400mm × 2,750mm H (1室)
床仕上げ コンクリート金ゴテ
壁仕上げ コンクリート打ち放し
天井仕上げ コンクリート打ち放し




無響室施設利用可

無響室内部は音がほとんど反射しないように作られています。このため、音響的には床・壁・天井が無い空間(自由音場)として考えることができます。これは、音の実験では壁面などからの反射音があると分析が複雑になるため、このような特殊な室内で計測を行います。


○実施可能な実験

  • 音源のパワーレベル・指向特性測定
  • 計測用マイクロホン・スピーカ等の校
  • 音の評価のための心理学的測定
  • 模型実験
  • 住宅用設備ユニットの音響出力の測定

○仕様

内部容積 201.6m3
内部寸法 6.0m × 7.0m × 4.8m H
外部遮音壁 壁、天井 コンクリート300o + 空気層300o
外部吸音層 ロックウール(80s/m3)厚50o
内部遮音壁 合板12o + 石膏ボード12o×2枚
吸音層 600o × 600o × 800o H グラスウール32s/m3
三連式先端カット型
防音扉 1,500o × 2,000o (回転式両開親子扉)
空調機 冷暖兼用タイプ 冷房能力;6,300 kcal/h
           暖房能力;6,500 kcal/h
内部監視装置 固定式カメラ 及び モニターテレビ

 



模型実験室施設利用可

模型実験室の床はコンクリート仕上げとなっており、壁・天井表面はグラスウールの2層表面仕上げに、石膏ボード、空気層、及び外部遮音層(ALC板100mm)を組み合わせた構造の半無響室となっています。
○実施可能な実験

  • 複雑な形状の道路(インターチェンジ、掘割など)の模型による騒音伝搬実験
  • 工場の模型による騒音伝搬実験
  • コンサートホールなどの室内音響模型実験
  • 吸音材の斜入射吸音率測定


○仕様

内部容積 950m3
内部寸法 16.0m × 10.0m × 6.0m H
外部遮音壁(壁・天井) ALC版100mm(一部コンクリート)+ 空気層280mm
内部遮音壁(天井) 石膏ボード9mm
内部遮音壁(壁) 石膏ボード12mm
吸音層 グラスウール24kg/m3 + グラスウール16kg/m3 ネット押え
床仕上げ コンクリート金ゴテ
揚重設備 1tホイストクレーン
音源装置 ジェットノイズ用エアー装置 × 3箇所



back
 音響実験棟 next

ごあいさつ音響実験棟風洞実験棟構造実験棟一般実験棟(土質・岩石)一般実験棟(コンクリート・材料)
多目的実験棟・野外実験ヤード施設利用・受託研究地図・交通