TOBI−TECH(トビテク)とは? TOPページへ 飛島建設ホームページへのリンク

 
丸太打設軟弱粘性土地盤対策&カーボンストック


【概要】
 丸太を地盤に打設することで、地盤の鉛直支持力を高め補強し、軟弱粘性土地盤対策を行います。
 樹木は大気中の二酸化炭素を吸収固定し成長するので、材料として使用すると炭素貯蔵効果があります。特に、木材は水中では腐らず長期耐久性があるので、半永久的な使用が可能です。この炭素貯蔵量は工事によって排出される炭素量よりも大量であることが実大実験により確認されています。社会資本の整備を行いながら、温室効果ガス削減、林業再生に貢献する工法です。

【特長】
・二酸化炭素排出収支が貯蔵側になります。
・工期短縮が図れます。
・セメント固化系の対策に比べ安価です。
・振動騒音の心配がありません。
・地下水位汚染などの環境汚染の心配がありません。
・大小様々な規模の施工が可能です。
・製材のような高品質な木材でなくても使用可能です。

【用途】
・軟弱地盤粘性土対策
 
 【工事の流れ】
伐採 皮むき サンドマット敷設 丸太打設 盛土造成
 【お問合せ先】 飛島建設梶@技術研究所 沼田淳紀 TEL:04-7198-7559  E-mail:atsunori_numata@tobishima.co.jp